読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽して生きたい

既婚腐女子の日々徒然

異性の友達

そろそろアラフォーにさしかかろうという今日ですが、久しぶりに異性の友人らしきものができました。笑

 

といってもゲーム内友人なので、これは友人といっていいものなのか微妙だけれど、個人的に友人っぽい気持ちなので友人としておこう。

 

同人のほうでたまに思うのだけど、趣味繋がりでできる友人は、仕事だったり価値観だったり、自分と違うところが多すぎてとても面白い。

特に今回できた友人は、おそらくリアルで先に知り合ったら絶対毛嫌いしそうなタイプだったので余計に面白い。

まじめに相談を持ちかけてきてくれる彼には大変申し訳ないが、とても面白く、興味深く話を聞かせてもらっている。

 

学校や仕事関係では絶対に知り合えない人種と知り合えるのは、趣味関係の利点だ。

どうしても学校・仕事は価値観だったり、あとは経済的な部分だったりと近い部分が多い人が集まっているから。

その点ネットで知り合うとまず年齢も性別もわからないところからスタートする。

といっても、私は腐女子だし、ゲーム内でも大半が知り合いの女性だらけのところにいるので、今回異性の知り合いができたというのはとても珍しいことだ。

大半が勘なのだけど、不思議とチャットで話すだけで、何となく性別がわかるのが面白い。これなんなんだろうなあ。

この知り合った友人も最初にチャットした段階で男性かな?と思っていたし、その後何度かチャットするときも、自然と男性である、と思って話していた。

本人は頑なに「私がいつ男性だって言いましたか?」と言ってたけど。

確かに、常に私としか言わないし、基本丁寧語だし、チャットの口調だけならば、判断しづらい方なのかもしれないけれど…

どー考えても他人への弄りかたが男性のそれなんだよねえ。

これも距離感なのだろうか。絶対女性ではしない、と思われる弄りかたしてくるんだよね、本人は意識してないんだろうけど。

よく本人からは「男性と判断した理由を述べよ」と言われるのだけれど、勘です、としか言えない私である。

 

ただまあ、自分とは全く違う価値観を持っている人なので、話を聞いているのはとても面白い。

私は理屈として理解できることの内容と、その内容に共感できるかどうかは別だと考えてる。というか、考えたいと思ってる。

自分の中の価値観そのものが割と揺らぎがちであるし、なにかひとつのことに固執し始めるとろくなことがないからだ。

だからまったく別の考え方を聞くと「なるほど!そう思うんだ」という気持ちになって面白い。一つの事柄に対して思いつくことが全然違うから。

知り合った友人は割と人間嫌い的な部分が目立つ…が、私から見ると人間嫌いというよりも、近寄って嫌われるの嫌だから距離取っちゃう系だ。

本人も自覚があるので、別段大きなトラブルにはなっていないようだが、話をしていてこんな物言いしてれば敵は作ってしまうだろう、と思わなくもない。ただし、彼の攻撃的な部分は自己防衛なんだと思うので、私自身はあまり気にならない。最近ちょっとなついてくれたのでとても可愛いとは思うが、世代的にあまり変わらない男性に対して可愛いはだいぶ失礼だよなあと思う日々だ…でも可愛いんだよな…

しかしこれ、可愛いとかなつかれてうれしい感覚は既婚者としてはよくない感情なのだろうか、と思ったりしなくもないのであった。